H26.1.19 第1回特別伝道礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「人生の重荷をどう負うか」
聖書の箇所  「マタイ11:28~30」
 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
11:28 すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。
11:29 わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。
11:30 わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである」。

この人生を生きている私たちは、いろいろな重荷を負っています。
1、人生の重荷
 人生の重荷には三つあります。それは生きることの重荷、罪の重荷、死の重荷です。
①生きることの重荷
 これは、人によって様々です。人間関係の重荷、夫婦間の苦しみ、仕事、生活や経済に関する苦しみ、病気(肉体、精神)やけが、自然災害に襲われ人災に巻き込まれることもあります。また、これらの重荷を先取りして「思い煩い」に悩まされます。
②罪の重荷
 過去の過ちに苦しんでいる人がいます。私たちの憂鬱は、意識下に残る深い良心の疼きから来ていることがあります。
③死の重荷
 これは、だれも避けられません。人生の最後にこの手に負えない問題が待っています。私たち一人つ人が例外なくみなこれらの重荷を負って生きています。今、私が自覚している重荷は何でしょうか。

2、人生の重荷をどう負うべきか
 私たちの課題はこれです。今、私が抱えている重荷を、どこに持って行くか、だれに引き受けてもらうかです。キリストは「すべて重荷を負って苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。」(マタイ11:28)と言われます。キリストは、重荷を負う私たちを招かれます。私たちはとても負いきれない重荷を一人で抱えるのではなく、キリストのもとに持って行くのです。その時、キリストは二つの方法で私たちの重荷を負ってくださいます。
①キリストは、罪と死の重荷を私たちに代わって負ってくださいました。
 私たちが負いきれない重荷を、キリストが代わって引き受けてくださったのです。
この人生を生きている私たちは、いろいろな重荷を負っています。
1、人生の重荷
 人生の重荷には三つあります。それは生きることの重荷、罪の重荷、死の重荷です。
①生きることの重荷
 これは、人によって様々です。人間関係の重荷、夫婦間の苦しみ、仕事、生活や経済に関する苦しみ、病気(肉体、精神)やけが、自然災害に襲われ人災に巻き込まれることもあります。また、これらの重荷を先取りして「思い煩い」に悩まされます。
②罪の重荷
 過去の過ちに苦しんでいる人がいます。私たちの憂鬱は、意識下に残る深い良心の疼きから来ていることがあります。
③死の重荷
 これは、だれも避けられません。人生の最後にこの手に負えない問題が待っています。私たち一人つ人が例外なくみなこれらの重荷を負って生きています。今、私が自覚している重荷は何でしょうか。
2、人生の重荷をどう負うべきか
 私たちの課題はこれです。今、私が抱えている重荷を、どこに持って行くか、だれに引き受けてもらうかです。キリストは 「すべて重荷を負って苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。」(マタイ11:28) と言われます。キリストは、重荷を負う私たちを招かれます。私たちはとても負いきれない重荷を一人で抱えるのではなく、キリストのもとに持って行くのです。その時、キリストは二つの方法で私たちの重荷を負ってくださいます。
①キリストは、罪と死の重荷を私たちに代わって負ってくださいました。
 私たちが負いきれない重荷を、キリストが代わって引き受けてくださったのです。
②キリストが共に負ってくださる。
 キリストのくびきに入ることにより、私たちの負うべき重荷を軽やかに負うことができるのです。 キリストのもとに私たちの重荷をおろしましょう。そして、キリストの安息を受けましょう。 キリストのくびきに入ることにより、私たちの負うべき重荷を軽やかに負うことができるのです。 キリストのもとに私たちの重荷をおろしましょう。そして、キリストの安息を受けましょう。

すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。 マタイ11:28

プログラム 時間 音声
Ⅰ、賛美歌を歌おう    
 (1)♪われらの主に向かって 3:16

 (2)♪父の涙 5:00

 (3)♪スピリットソング 3:11

 (4)オカリナによる演奏    
   新聖歌190:静けき祈りの
4:09

   新聖歌474:主がわたしの手を 2:24

 (5)私の信仰紹介 9:59

 (6)主の祈り 0:56

Ⅱ、聖書のお話し  

 (1) 人生の重荷をどう負うか

10:06

10:05

10:02

 9:44

 (2)賛美248:人生の海の嵐に 3:17

 (4)賛美165:栄光イエスにあれ
 (5)祝福の祈り

1:40

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です