H25.8.11主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「神の前を離れて」
聖書の箇所  「ヨナ書 1:1~17」 
(日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
1:1 主の言葉がアミッタイの子ヨナに臨んで言った、
1:2 「立って、あの大きな町ニネベに行き、これに向かって呼ばわれ。彼らの悪がわたしの前に上ってきたからである」。
1:3 しかしヨナは主の前を離れてタルシシへのがれようと、立ってヨッパに下って行った。ところがちょうど、タルシシへ行く船があったので、船賃を払い、主の前を離れて、人々と共にタルシシへ行こうと船に乗った。
1:4 時に、主は大風を海の上に起されたので、船が破れるほどの激しい暴風が海の上にあった。
1:5 それで水夫たちは恐れて、めいめい自分の神を呼び求め、また船を軽くするため、その中の積み荷を海に投げ捨てた。しかし、ヨナは船の奥に下り、伏して熟睡していた。
1:6 そこで船長は来て、彼に言った、「あなたはどうして眠っているのか。起きて、あなたの神に呼ばわりなさい。神があるいは、われわれを顧みて、助けてくださるだろう」。
1:7 やがて人々は互に言った、「この災がわれわれに臨んだのは、だれのせいか知るために、さあ、くじを引いてみよう」。そして彼らが、くじを引いたところ、くじはヨナに当った。
1:8 そこで人々はヨナに言った、「この災がだれのせいで、われわれに臨んだのか、われわれに告げなさい。あなたの職業は何か。あなたはどこから来たのか。あなたの国はどこか。あなたはどこの民か」。
1:9 ヨナは彼らに言った、「わたしはヘブルびとです。わたしは海と陸とをお造りになった天の神、主を恐れる者です」。
1:10 そこで人々ははなはだしく恐れて、彼に言った、「あなたはなんたる事をしてくれたのか」。人々は彼がさきに彼らに告げた事によって、彼が主の前を離れて、のがれようとしていた事を知っていたからである。
1:11 人々は彼に言った、「われわれのために海が静まるには、あなたをどうしたらよかろうか」。それは海がますます荒れてきたからである。
1:12 ヨナは彼らに言った、「わたしを取って海に投げ入れなさい。そうしたら海は、あなたがたのために静まるでしょう。わたしにはよくわかっています。この激しい暴風があなたがたに臨んだのは、わたしのせいです」。
1:13 しかし人々は船を陸にこぎもどそうとつとめたが、成功しなかった。それは海が彼らに逆らって、いよいよ荒れたからである。
1:14 そこで人々は主に呼ばわって言った、「主よ、どうぞ、この人の生命のために、われわれを滅ぼさないでください。また罪なき血を、われわれに帰しないでください。主よ、これはみ心に従って、なされた事だからです」。
1:15 そして彼らはヨナを取って海に投げ入れた。すると海の荒れるのがやんだ。
1:16 そこで人々は大いに主を恐れ、犠牲を主にささげて、誓願を立てた。
1:17 主は大いなる魚を備えて、ヨナをのませられた。ヨナは三日三夜その魚の腹の中にいた。

 紀元前8世紀ごろのイスラエルの国の預言者ヨナの物語です。彼は 「大きな町ニネベに行って、神のことばを伝えるよう」 神から命じられましたが、その命令に従いたくなかったので、神の御顔を避け、神から逃げ出しました。

1、神から離れようとする預言者
 神が敵であるニネベの人々を憐み救おうとされることにヨナは我慢出来ません。イスラエルの敵は神にさばかれ滅ぼされるべきだと思っていました。彼は神のみことば、神から逃げ出しました。神から離れようとするのは、神を信じ、知る者です。ヨナの場合、偏狭な愛国心が神の命令を拒否し使命を否定し、神の前から逃れさせたのです。確かに、神は人間に自由意志と、いう驚くべき特権と賜物をお与えになり、人は神のみこころに従順することも反逆することもできます。
「神を離れる」・・それは、神と神のことばより自分の思いや考え、感情を選び取ることです。わかっていても神の御言葉に従えない、従いたくない心の状態を指し、神への反発、不信があります。そこで、神の祝福は閉じられてしまうのです。

2、追い求められる神
 神から離れようとするヨナを、神は追い求められました。そして、その逃避行の行く手を妨げられます。神はみこころから離れるヨナを阻まれ、導き、教え、諭すために様々なものを備えられました。前半では、大嵐・大魚、後半の物語では、とうごま・虫・太陽の暑さ等々です。神は、私たちを守り、導き、教え、正し、憐れみ、諭すために様々なものを備え用いられます。実に忍耐強いねんごろな神の取り扱いと導きです。私たちは、神の御手の中にあります。どこに逃れても神の手から逃れることはできず、神は私たちを決して見捨てず、追いかけてくださいます。
「わたしはどこへ行って、あなたのみたまを離れましょうか。わたしはどこへ行って、あなたのみ前をのがれましょうか。あなたの御手はそのところで私を導き‥。(詩篇139:7-10)
神がヨナを追い求められるのは、彼を取扱って導き、再び、神の使命に立たせるためです。

身を洗って 清くなれ。        列王下 5:13
プログラム 時間 音声
前奏 0:28

賛美:天地(あめつち)こぞりて

0:44

交読28: 詩篇91篇 2:26

主の祈り 0:26

賛美18: おお御神をほめまつれ 3:11

聖書 ヨナ書 1:1~17 3:52

賛美423: 村の小さき教会 3:12

説教:神の前を離れて

10:01

10:04

10:02

10:02

10:09

 4:30

賛美446: あなたの罪過ちは 3:16

感謝の祈り(小河紀久生兄) 1:03

頌栄63: 父御子御霊の 1:37

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です