H25.1.13 主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」 「神の声を聞く」
聖書の箇所  「サムエル記上3:1~14」
 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
3:1 わらべサムエルは、エリの前で、主に仕えていた。そのころ、主の言葉はまれで、黙示も常ではなかった。
3:2 さてエリは、しだいに目がかすんで、見ることができなくなり、そのとき自分のへやで寝ていた。
3:3 神のともしびはまだ消えず、サムエルが神の箱のある主の神殿に寝ていた時、
3:4 主は「サムエルよ、サムエルよ」と呼ばれた。彼は「はい、ここにおります」と言って、
3:5 エリの所へ走っていって言った、「あなたがお呼びになりました。わたしは、ここにおります」。しかしエリは言った、「わたしは呼ばない。帰って寝なさい」。彼は行って寝た。
3:6 主はまたかさねて「サムエルよ、サムエルよ」と呼ばれた。サムエルは起きてエリのもとへ行って言った、「あなたがお呼びになりました。わたしは、ここにおります」。エリは言った、「子よ、わたしは呼ばない。もう一度寝なさい」。
3:7 サムエルはまだ主を知らず、主の言葉がまだ彼に現されなかった。
3:8 主はまた三度目にサムエルを呼ばれたので、サムエルは起きてエリのもとへ行って言った、「あなたがお呼びになりました。わたしは、ここにおります」。その時、エリは主がわらべを呼ばれたのであることを悟った。
3:9 そしてエリはサムエルに言った、「行って寝なさい。もしあなたを呼ばれたら、『しもべは聞きます。主よ、お話しください。』と言いなさい」。サムエルは行って自分の所で寝た。
3:10 主はきて立ち、前のように、「サムエルよ、サムエルよ」と呼ばれたので、サムエルは言った、「しもべは聞きます。お話しください」。
3:11 その時、主はサムエルに言われた、「見よ、わたしはイスラエルのうちに一つの事をする。それを聞く者はみな、耳が二つとも鳴るであろう。
3:12 その日には、わたしが、かつてエリの家について話したことを、はじめから終りまでことごとく、エリに行うであろう。
3:13 わたしはエリに、彼が知っている悪事のゆえに、その家を永久に罰することを告げる。その子らが神をけがしているのに、彼がそれをとめなかったからである。
3:14 それゆえ、わたしはエリの家に誓う。エリの家の悪は、犠牲や供え物をもってしても、永久にあがなわれないであろう」。

 ハンナの切実な折りを通して子が与えられましたが、彼女は主に誓った通り幼いサムエルをシロの聖所のエリのもとに連れて来て、主にささげました。以来、サムエルはエリのもとで主に仕えました。神は、このサムエルを心に留められ、聖所に寝ていたサムエルに主が呼びかけられました。サムエルはエリが呼んでいると思い、エリの寝所に走っていきますが、エリは呼ばないと言います。神は再びサムエルに呼びかけられます。このようなことが2度、3度続いた時、エリは神がサムエルを呼んでおられると分かりました。そこでエリはサムエルに「しもべは聞きます。主よ、お語りください。」と答えるようサムエルに教えました。サムエルはエリに教えられたように答えました。そめ時、神はサムエルに驚くべき内容のことばを語られました。
 サムエルが、神の語りかけに気が付かなかったのは、サムエルがまだ主を知らなかったからです。主を知るということは、直接的、自覚的に主と交わることで、人格的主体的な関係の中で主を知ることです。私たちの信仰生活の中で「神の声を聞く」ということは大切なことです。世の声、人の声が聞こえて来る中で神の声を聞くことが大切です。

1、神の声(ことぱ)は、聞く備えが出来ていなければ、語られません。
 神は、神の声を聞こうとする人、聞く備えのある人に語られます。神の声を聞くために教えられ、訓練されねばなりません。

2、キリスト教の祈りは本質的には、 「しもべは聞きます。主よ、お語りください。」です。
 サムエルは、 温かな神の語りかけに寄り添うように、自分の人生を預けていきました。自分の都合のために神を御神輿に載せて担ぎ出して祈るのではありません。(サム土ル上4:3)主に信頼し、主に心を開き、主に寄り添い、主の語りかけに聞き従うのです。幼子のような素直さもって主に心を開き、主に聴いていくのです。神との交わりを持つごとが基本です。み言葉を読み続け祈りをしていく中に、神の声(神の御心)を聞きましょう。
 

しもべは聞きます。主よ、お話しください。 サムエル上 3:9
プログラム 時間 音声
前奏 0:33  

賛美:天地(あめつち)こぞりて 0:46  

交読3:詩篇16篇 1:47  

主の祈り 0:54  

賛美4:子羊をば 3:11  

聖書サムエル上3章1:-14 2:39  

賛美346:移りゆく時の間も 2:44  

説教:神のみ声を聞く

10:00

10:01

10:05

10:02

10:07

 6:02

成人式のお祝い 7:18

賛美316:み言葉なる 3:23  

頌栄:父御子御霊の 1:46  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です