H24.12.16 主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」              「救い主としての誕生」
聖書の箇所  「マタイ1章:18節~25節」
 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
1:18 イエス・キリストの誕生の次第はこうであった。母マリヤはヨセフと婚約していたが、まだ一緒にならない前に、聖霊によって身重になった。
1:19 夫ヨセフは正しい人であったので、彼女のことが公けになることを好まず、ひそかに離縁しようと決心した。
1:20 彼がこのことを思いめぐらしていたとき、主の使が夢に現れて言った、「ダビデの子ヨセフよ、心配しないでマリヤを妻として迎えるがよい。その胎内に宿っているものは聖霊によるのである。
1:21 彼女は男の子を産むであろう。その名をイエスと名づけなさい。彼は、おのれの民をそのもろもろの罪から救う者となるからである」。
1:22 すべてこれらのことが起ったのは、主が預言者によって言われたことの成就するためである。すなわち、
1:23 「見よ、おとめがみごもって男の子を産むであろう。 その名はインマヌエルと呼ばれるであろう」。これは、「神われらと共にいます」という意味である。
1:24 ヨセフは眠りからさめた後に、主の使が命じたとおりに、マリヤを妻に迎えた。
1:25 しかし、子が生れるまでは、彼女を知ることはなかった。そして、その子をイエスと名づけた。 マタイはイエスの誕生を記すにあたり、ヨセフに焦点をあててダビデ王の家系から救い主が生まれたこと、そのお生まれは聖霊によることを強調しました。それは、生まれた御子が来るべきメシヤ、救い主であることを明らかにするためでした。(21)

1、救い主としての誕生(20)
 ヨセフは婚約者のマリヤが子を宿したと知って驚き悩みました。葛藤の末ひそかに離縁しようと決心したその夜、神様のご介入がなされました。主の使いがヨセフに夢の中に現れ「マリヤの胎に宿っているものは、聖霊による」と告げました。そして、聖霊によって宿られた幼子こそ、預言されていた神の救い主だったのです。

2、罪からの救い主(21)
 ユダヤ人にとって、救い主は独立を回復する政治的な王として期待されていました。しかし、主の使いは救い主を「おのれの民をそのもろもろの罪から救う者」と呼んでいます。マタイは誕生に先立って救い主の系図を記しましたが、それは人間の罪と嘆きの系図です。主イエスはその中に 「ご自分の民をその罪から救う」 ためにやって来られたのです。

3、神、われらと共にいます(23)
 イエス(主は救い)と名付けられたのは、「その名はインマヌエル「神、我らと共にいます」と呼ぱれるであろう)」とのイザヤの預言の成就であると説明しています。神の御子が人となることによって、「神、われらと共にいます」という主の臨在が実現します。マタイの最初の章で、インマヌエルという救い主の名を伝えるこの福音書は、最後において「わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである」(28:20)との約束で終わっています。罪から救われた者は、いつも神が共におられることを喜ぶ者へと変えられ、いつも神が共におられる生活へと導かれるのです。

彼は、おのれの民を そのもろもろの罪から 救う者となるからである。 マタイ1:21
プログラム 時間 音声
前奏 0:33

賛美:天地(あめつち)こぞりて 0:44

交読46:詩篇148 1:09

主の祈り 0:55

賛美75:神の御子は 3:31

聖書:マタイ1:18-25 1:40

賛美80:天なる神には 3:36

説教:救い主としての誕生 10:04

10:02

10:02

10:00

12:50

賛美210:罪咎を担う 2:10

感謝の祈り(中村姉) 2:27

頌栄:父御子御霊の 1:43

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です