H24.10.21主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」      「聖別による力
聖書の箇所  「士師記16章4節~6節、15節~22節
 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
16:4 この後、サムソンはソレクの谷にいるデリラという女を愛した。
16:5 ペリシテびとの君たちはその女のところにきて言った、「あなたはサムソンを説きすすめて、彼の大力はどこにあるのか、またわれわれはどうすれば彼に勝って、彼を縛り苦しめることができるかを見つけなさい。そうすればわれわれはおのおの銀千百枚ずつをあなたにさしあげましょう」。

16:6 そこでデリラはサムソンに言った、「あなたの大力はどこにあるのか、またどうすればあなたを縛って苦しめることができるか、どうぞわたしに聞かせてください」。
16:15 そこで女はサムソンに言った、「あなたの心がわたしを離れているのに、どうして『おまえを愛する』と言うことができますか。あなたはすでに三度もわたしを欺き、あなたの大力がどこにあるかをわたしに告げませんでした」。16:16女は毎日その言葉をもって彼に迫り促したので、彼の魂は死ぬばかりに苦しんだ。
16:17 彼はついにその心をことごとく打ち明けて女に言った、「わたしの頭にはかみそりを当てたことがありません。わたしは生れた時から神にささげられたナジルびとだからです。もし髪をそり落されたなら、わたしの力は去って弱くなり、ほかの人のようになるでしょう」。
16:18 デリラはサムソンがその心をことごとく打ち明けたのを見、人をつかわしてペリシテびとの君たちを呼んで言った、「サムソンはその心をことごとくわたしに打ち明けましたから、今度こそ上っておいでなさい」。そこでペリシテびとの君たちは、銀を携えて女のもとに上ってきた。
16:19 女は自分のひざの上にサムソンを眠らせ、人を呼んで髪の毛、七ふさをそり落させ、彼を苦しめ始めたが、その力は彼を去っていた。
16:20 そして女が「サムソンよ、ペリシテびとがあなたに迫っています」と言ったので、彼は目をさまして言った、「わたしはいつものように出て行って、からだをゆすろう」。彼は主が自分を去られたことを知らなかった。
16:21 そこでペリシテびとは彼を捕えて、両眼をえぐり、ガザに引いて行って、青銅の足かせをかけて彼をつないだ。こうしてサムソンは獄屋の中で、うすをひいていたが、
16:22 その髪の毛はそり落された後、ふたたび伸び始めた。

 サムソンは、生まれたときからナジル人として育てられ、その賜物は並外れた怪力でした。サムソンはその力を奮って20年間ペリシテ人の支配からイスラエルを救いました。しかし、彼の人格は不完全で情欲に流され、自己統制がとれない肉的人間そのものでした。

1、 聖別による力 
 ナジル人は神に選ばれ聖別された者で、ブドウ酒や濃い酒を飲まず、頭にかみそりをあてることをしません。この世から聖別され、神の霊に満たされ、特別な力をもって特別な働きをしました。私たちにとってナジル人の聖別とは、ナジル人としての外側の形をまねることではありません。キリストの十字架の贖いにより罪の赦しときよめを受け、聖霊によって自分を主にささげ、この世の欲と罪深い肉の性質から全き聖別をいただいていることです。それゆえ、その恵みに立って、ますます主に心と身をささげ、聖霊に満たされて生きるのです。そこに聖別の力が注がれ、主の証人として用いられていくのです。

2、 聖別を失う危険 (20) 
 この聖別は、失われる危険があります。ですから、自覚と注意深い生活をしていなければなりません。しかし、サムソンはナジル人としての聖別を軽んじました。特別な召しと賜物を受けていることに無自覚、無頓着で、肉のおもむくままに行動しました。特に異性の誘惑に弱く、欲望のおもむくまま行動します。愛に溺れたサムソンは、ペリシテの女性デリラの膝に眠りこけ、巧妙に口説かれるまま力の源の秘密を打ち明けてしまいまいした。その結果、ナジル人の印しである髪の毛をそり落とされます。そして聖別の力を奪われてしまいました。抵抗することもできないまま敵に捕らわれて目をえぐられ、足枷をはめられ、引き行かれるままの惨めな姿となりました。信仰者は主の御霊から離れて何の力もありません。かつてどんなに活躍しても、大いに用いられたとしても、今、聖別の恵みにより主につながっていなければ、無力そのものなのです。クリスチャンとして、どのような恵みと立場をいただいているのか、自覚し自重することが大切なのです。

3、 聖別の回復 (22) 
 ペリシテ人に捕えられたサムソンは、両眼をえぐられてなぶりものにされ、暗い牢獄に鎖で繋がれ、臼をひかされました。盲目の彼はひたすら石臼を引きながらこれまでの自分の行動を深く悔いました。その間、彼の髪の毛は再び伸び始め、神の力に満たされていったのです。偶像タゴンの祭りに引き出されたサムソンは、劇場を支えている支柱を倒し、これまで以上に多くの敵を打ってイスラエルを救いました。神は、聖別を失って罪を犯し、無力になった者を捨てられず聖別の回復を与えてくださいます。砕かれ悔いた魂に、再び新しい力と命を満たしてくださいます。 
「正しい霊、聖なる霊、自由の霊を注いでください。」 (詩編51:10~20)

 

わたしは生まれた時から神にささげられたナジル人だからです。 士師16:17
プログラム 時間 音声
前奏 0:35

賛美:天地(あめつち)こぞりて 0:48

交読38:詩篇121 1:02

主の祈り 0:55

賛美140:天つ御使いよ 3:49

聖書:士師記16:4-6、15-22

3:30

賛美376:いかに汚れたる 3:31

説教:聖別による力

9:56

9:50

10:04

10:03

10:04

9:17

賛美378:罪の世人らに

3:17

頌栄:父御子御霊の 1:47

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です