H24.8.12 主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」      「模範的信仰」

聖書の箇所 「マタイ8:5~13 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
8:5 さて、イエスがカペナウムに帰ってこられたとき、ある百卒長がみもとにきて訴えて言った、
8:6 「主よ、わたしの僕が中風でひどく苦しんで、家に寝ています。」
8:7 イエスは彼に、「わたしが行ってなおしてあげよう」と言われた。
8:8 そこで百卒長は答えて言った、「主よ、わたしの屋根の下にあなたをお入れする資格は、わたしにはございません。ただ、お言葉を下さい。そうすれば僕はなおります。
8:9 わたしも権威の下にある者ですが、わたしの下にも兵卒がいまして、ひとりの者に『行け』と言えば行き、ほかの者に『こい』と言えばきますし、また、僕に『これをせよ』と言えば、してくれるのです。」
8:10 イエスはこれを聞いて非常に感心され、ついてきた人々に言われた、「よく聞きなさい。イスラエル人の中にも、これほどの信仰を見たことがない。
8:11 なお、あなたがたに言うが、多くの人が東から西からきて、天国で、アブラハム、イサク、ヤコブと共に宴会の席につくが、
8:12 この国の子らは外のやみに追い出され、そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう。」
8:13 それからイエスは百卒長に「行け、あなたの信じたとおりになるように」と言われた。すると、ちょうどその時に、僕はいやされた。

 カペナウム在住の百卒長の僕が癒されたことが記されています。ここには、主イエスが賞賛される模範的信仰があります。 (*参考 ルカ7:1~10)

1、謙遜な信仰
 カペナウムの百卒長がイエスのもとに来て「主よ、わたしの僕が中風でひどく苦しんで家に寝ています。いやしてください」と訴えました。ルカには、彼はユダヤ人の長老を遣わして願ったことが記されています。彼が長老を遣わしたことに、彼のイエスに対する姿勢と信仰が現れています。 自分は異邦人であり罪人であるという意識がありました。主は「わたしが行って、なおしてあげよう。」とお答えになりましたが、彼は驚いて、わたしの屋根の下に(住まい)にイエスをお入れする資格がないと言います。長老たちは、彼の献身と奉仕を挙げて、「この人にはその資格がある」と言いました。自分の善行や献身を誇らず、頼りとしない、あくまでも謙遜で謙虚な信仰を見ます。

2、イエスの権威(言葉の権威)を認める信仰
 百卒長はイエスのことを「主よ」と呼んで。イエスを神からの特別な権威を持つ人とみなしました。脅しや罰則によって無理やり服従させる「権力」とは別のもので、神から来る権威です。悪霊でさえその権威を認め、おののきつつ従いました。(マルコ1:25~27) 百卒長は、軍隊生活の中で権威というものを、身をもって知っていました。軍人は上官の命令に絶対服従です。彼自身が百卒長(百人の部下を持つ上官)としての権威を持っていました。部下に命令さえすれば部下は直ちにその通りにしました。同じように、神の権威を持たれるイエスが御命じになれば、しもべは必ず治ると信じました。彼は、イエスは神の権威を持つお方であり、そのお言葉があればどんな重い病気であっても必ず治ると信じることができたのです。おことばとは、神の契約(約束)です。神の約束ほど確かなものはありません・。イエスは、異邦人である百卒長の信仰に驚嘆され、[これほどの信仰を見たことがない]とまで言われました。それは、神のお言葉の絶対的権威に対して全く信頼し、また無条件に服する信仰です。

ただ、お言葉をください。そうすれば僕はなおります。 マタイ8:8
プログラム 時間 音声
前奏 0:28

賛美:天地(あめつち)こぞりて 0:48

交読30:詩篇96 1:56

主の祈り 0:55

賛美22:御神の愛をば 4:45

聖書:マタイ8:5-13
イザヤ55_10-11

1:43

0:27

賛美382:心から願うのは 4:18

説教:模範的信仰

9:52

9:37

9:56

9:55

11:19

 

賛美316:御言葉なる 2:55

感謝の祈り(高橋姉) 1:56

頌栄:父御子御霊の 1:42

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください