H24.7.15 主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」      「臨在の主による派遣」

聖書の箇所1 「出エジプト3:1~12 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
3:1 モーセは妻の父、ミデヤンの祭司エテロの羊の群れを飼っていたが、その群れを荒野の奥に導いて、神の山ホレブにきた。
3:2 ときに主の使は、しばの中の炎のうちに彼に現れた。彼が見ると、しばは火に燃えているのに、そのしばはなくならなかった。
3:3 モーセは言った、「行ってこの大きな見ものを見、なぜしばが燃えてしまわないかを知ろう」。
3:4 主は彼がきて見定ようとするのを見、神はしばの中から彼を呼んで、「モーセよ、モーセよ」と言われた。彼は「ここにいます」と言った。
3:5 神は言われた、「ここに近づいてはいけない。足からくつを脱ぎなさい。あなたが立っているその場所は聖なる地だからである」。
3:6 また言われた、「わたしは、あなたの先祖の神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である」。モーセは神を見ることを恐れたので顔を隠した。
3:7 主はまた言われた、「わたしは、エジプトにいるわたしの民の悩みを、つぶさに見、また追い使う者のゆえに彼らの叫ぶのを聞いた。わたしは彼らの苦しみを知っている。
3:8 わたしは下って、彼らをエジプトびとの手から救い出し、これをかの地から導き上って、良い広い地、乳と蜜の流れる地、すなわちカナンびと、ヘテびと、アモリびと、ペリジびと、ヒビびと、エブスびとのおる所に至らせようとしている。
3:9 いまイスラエルの人々の叫びがわたしに届いた。わたしはまたエジプトびとが彼らをしえたげる、そのしえたげを見た。
3:10 さあ、わたしは、あなたをパロにつかわして、わたしの民、イスラエルの人々をエジプトから導き出させよう」。
3:11 モーセは神に言った、「わたしは、いったい何者でしょう。わたしがパロのところへ行って、イスラエルの人々をエジプトから導き出すのでしょうか」。
3:12 神は言われた、「わたしは必ずあなたと共にいる。これが、わたしのあなたをつかわしたしるしである。あなたが民をエジプトから導き出したとき、あなたがたはこの山で神に仕えるであろう」。

 ナイル河から引き出され、エジプトで王女の子として成長し成人したモーセは、ある時、虐げられた民を救うため、クーデターを起こしますが失敗します。失意の中にミデアン地に逃れて、そこで羊飼いとなって40年を過ごしました。ある日、羊を追って神の山ホレブに来たモーセに、燃える芝の中から主が現れてモーセを召し出し、民を救い出すためにエジプトに派遣されるのです。

1、「足からくつを脱ぎなさい・・その場所は聖なる地だからである」(5) 
 モーセに現れた主は、「足から靴を脱ぎなさい」と言われました。「靴を脱ぐ」のは、自分の歩みを主に委ね明け渡すことです。また、自分がしもべであることを認め、主に対して絶対服従の立場をとることです。これは聖なる方の前に立つ者の姿です。「聖なる地」とは、神がそこに臨在されるからです。神の臨在の前にひれ伏し、「わたしが共に行く」と言われる主に自分の歩みを委ね、一切を主に信頼してお従いしていくことが求められました。

2、「わたしは、あなたパロに遣わして、民をエジプトから導き出させよう」(10)
 主は、エジプトで苦しむ民の悩みを見、叫びを聞き、苦しみを知っている・・と告げられました。主はご自分の民を、今こそ先祖アブラハムに約束された地に導こうとしておられました。そのため、あなたを遣わすとモーセに語られました。
モーセは「わたしは、いったい何者でしょう」(11)と答えています。人生の最盛期の40年を費やし、モーセがミデアンの荒野生活で学んだことは「忍耐」と「謙そん」でした。主の派遣のお言葉に対して、彼の口から出たことばは分の無力を知る者の正直な気持ちです。自分の無力を悟ることは大事なことです。しかし、モーセはさらに大切な神への信頼に決定的に欠けていました。単に自分自身だけを見て失望しているなら何事もできません。神に派遣されるには、自分の無力さから神に対する大胆な信頼が必要です。

3、「わたしは必ずあなたと共にいる」(12) 
 主は命令と共に、必ず約束を与えられます。モーセ一人を遣わされるのではありません。派遣のためには、神のお言葉と神のしるし、助け人アロンを備えておられました。何より、「わたし自身が一緒に行く、そして、必ずあなたと共にいる」と言われます。使命を果たそうとするなら、必ず問題や困難、人々の反対が起こります。しかし、主のわたしが共にいる」 との主の約束は力、勇気そのものとなりました。
 私たちも、「全世界に出て行って・・・」との派遣の命令を受け、「見よ、わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいるのである」(マタイ28:20)の約束をいただいています。主の臨在を信じ、主と共に遣わされるものとなりましょう。

わたしは必ずあなたと共にいる。これが、わたしのあなたをつかわしたしるしである。 出エジプト3:12
プログラム 時間 音声
前奏 0:31

賛美:天地(あめつち)こぞりて 0:46

交読26:詩篇84 1:50

主の祈り 0:52

賛美18:おお御神をほめまつれ 3:02

聖書:出エジプト3:1-12 2:33

賛美349:移りゆく時の間も 2:50

説教:臨在の主による派遣

9:52

10:13

10:00

10:06

10:07

賛美301:わが行く道いついかに 2:27

頌栄:父御子御霊の 1:42

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です