H24.6.17 主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」      「
天の父への祈り
聖書の箇所1 「マタイ7章7~12」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
7:7 求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。
7:8 すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである。
7:9 あなたがたのうちで、自分の子がパンを求めるのに、石を与える者があろうか。
7:10 魚を求めるのに、へびを与える者があろうか。
7:11 このように、あなたがたは悪い者であっても、自分の子供には、良い贈り物をすることを知っているとすれば、天にいますあなたがたの父はなおさら、求めてくる者に良いものを下さらないことがあろうか。
7:12 だから、何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。これが律法であり預言者である。

 主の祈りに続くイエスの祈りについての有名な勧めです。「思い煩いからの解放」というテーマで学びましたが、私たちの思い煩いを、ことごとに祈りに変えて神に委ねることこそ解放であり、その実感は人知を遥かに超えた平安でした。祈りは、父との対話です。その父との交わりの中で、父に求めることが勧められています。父は、子がご自分を頼って求めることを喜ばれるお方です。むしろ、待っていて積極的に答えようとしてくださり、父らしい方法でお答えくがさるのです。天の父は、子が求めることに対して、最も良いものをもってお答えくださるのです。
「求めよ、探せ、門をたたけ!」
この祈りこ見られる信仰的態度に学びましょう。    、
1、前向き、積極的、男性的な姿勢で求めよ
 「後ろのものを忘れ、前のものに向かってからだを伸ばしつつ、目標をめざして走り」(ピリピ3・13、14)
2、あらゆる手立てを尽くして求めよ
 「求める」、「捜す」、「たたく」
というあらゆる手立てを尽くして求めよ。問題に応じてさまざまな形を取り、ありとあらゆる方法で求めよ。
3、忍耐強く求めよ
 得るまで、見出すまで、開かれるまで求め続けることが言われています。(継続形の命令)忍耐を尽くして求めるべきです。
4、必ず応えられると信じ、確信をもって求めよ(8)
 忍耐強く求めるのは、祈りは必ず聞かれると知っているからです。「すべて求める者は得るからである」(8)と約束されています。
5、父の子に対する応答である
 この祈りの確信はどこから来るのかというと、それは、父 が子の願いを聞いてくださるからです。父の子たちの祈りだけが、求めて得ることの
  確信を得ることができます。(ヨハネ16・23~24)神の子としての資格は二心で祈らないことです。一心になって、父を信頼して祈ることです。
6、聖霊をくださる
 「もっともよいもの」とは、父と私たちを結びつける「聖霊」です。

「天にいますあなたがたの父はなおさら、求めて来る者に良いものを下さらないことがあろうか。」 マタイ7:11
プログラム 時間 音声
前奏 0:29

賛美:天地(あめつち)こぞりて 0:52

交読22:詩篇65 2;21

主の祈り 0:51

賛美8:七日の旅路 3:19

聖書:マタイ7:7~12 1:08

賛美274:この日は主が造られた 1:28

説教:天の父への祈り 10:00

賛美196:祈れ物事 2:42

頌栄:父御子御霊の 1:28


礼拝後に青年会より父の日のプレゼントとして賛美の後にクッキーが配られました。 
青年会の皆さん『ありがとうございます。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です