H24.6.10 主日礼拝

*聖書のお話し(バイブル・メッセージ)
「題」      「
思い煩いからの解放
聖書の箇所1 「マタイ6章25~34」 (日本聖書協会:口語訳聖書より引用)
6:25 それだから、あなたがたに言っておく。何を食べようか、何を飲もうかと、自分の命のことで思いわずらい、何を着ようかと自分のからだのことで思いわずらうな。命は食物にまさり、からだは着物にまさるではないか。
6:26 空の鳥を見るがよい。まくことも、刈ることもせず、倉に取りいれることもしない。それだのに、あなたがたの天の父は彼らを養っていて下さる。あなたがたは彼らよりも、はるかにすぐれた者ではないか。
6:27 あなたがたのうち、だれが思いわずらったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか。
6:28 また、なぜ、着物のことで思いわずらうのか。野の花がどうして育っているか、考えて見るがよい。働きもせず、紡ぎもしない。
6:29 しかし、あなたがたに言うが、栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。
6:30 きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。ああ、信仰の薄い者たちよ。
6:31  だから、何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな。
6:32 これらのものはみな、異邦人が切に求めているものである。あなたがたの天の父は、これらのものが、ことごとくあなたがたに必要であることをご存じである。
6:33 まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。
6:34 だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。

 何を食べ、何を飲み、何を着るか、イエスは私たちの衣食の問題を取り上げられます。衣食の問題は昔も今も人々の最大の関心事です。イエス様も「日毎に必要なパンを与えて
下さい」と祈るよう教えられました。しかし、ここで主は「空の鳥を見よ」、「野の花のことを考えよ」と促されます。なぜなら、必要以上に地上のものに依存して生活するな
ら、たえず思い煩いに支配されてしまうからです。思い煩いは、人間に命を与え空の鳥や野の花をも顧みられる天の父に対する信頼の欠如から生まれます。むしろ、それらを
神が与え養ってくださることに信頼し、「まず、神の国と神の義とを求める」ことこそが私たちの最大の関心事であるべきなのです。‥

1、神への信頼を取り戻す(22~23)
 空の鳥をじーっとよくよく見よ、野の花のことをじっくり観察しよく考えてみよと言われました。彼らから、天の父の素晴らしい養いと装いを実物教訓で学びましょう。(*詩127・1~2)
●思い煩いを「祈り」に変えましよう。(ピリピ4・6~7)
 思い煩いをいつまでも持たず、事ごとに祈りと願いに変えて神に申し上げます。解決は「人知では測り知ることのできない神の平安」です。(*マタイ11・28)

2、一日一日、しっかり働く(34)
 その日になすべきことをなし、明日を神に委ねるのです。一日一日、精一杯働くことが出来るなら、明日を神に信頼して委ねることができます。

3、まず、神の国と神の義を求める(33)
 衣食の問題を神に信頼し委ねることができたなら、今度は、今日という日を「神の国と神の義を求めること」に邁進していくことができます。これこそ私たぢの最大の関心事であることをしっかりわきまえていかねばなりません。(ピリピ4・8~9)
●優先順位を確立しましよう。(ルカ10・38-42)
「無くてならぬものは多くはない。いや、一つだけである。・・・マリヤはそれを選んだ。」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です